2008年09月29日

ナルコレプシー:関係する遺伝子を発見…東大研究チーム

日中でも激しい眠気に見舞われたり、発作的な脱力などに襲われる「ナルコレ
プシー」の
発症に関係する遺伝子を、徳永勝士・東京大教授の研究チームが発見した。
診断や治療に役立つ可能性がある。28日付の米科学誌ネイチャー・ジェネティ
クス電子版に発表した。

研究チームは、患者と健康な人のゲノム(全遺伝情報)を解析。
両者の間で、4種類ある化学物質の塩基の並び方が異なる場所(スニップ=S
NP)を調べ、
ナルコレプシー発症と最も関係が高い1カ所を特定した。
具体的にはチミンという塩基が、シトシンという別の塩基に置き換わっている
と、
ナルコレプシー発症の危険性が1.8倍高いことが判明した。

また、このSNPに隣接し、正常な睡眠や脳の働きを担う2種類の遺伝子に注
目。
シトシンの人は、2種類の遺伝子の働きが低下し、ナルコレプシー発症につな
がっている可能性が
高いことを突き止めた。

日本には約20万人の患者がいると推定されている。発症の詳しい原因は未解
明で、
治療は対症療法にとどまっている。

研究チームの宮川卓東京大助教(人類遺伝学)は
「遺伝子が作るたんぱく質の機能を補う物質を開発すれば、新しい治療薬にな
りうる」と話す。

http://mainichi.jp/select/science/news/20080929k0000m040119000c.html
   banner_03.gif←心理学人気ブログランキング!! るるぶろもよろしく(クリック)!
posted by lulu at 13:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース(旧)

2008年09月25日

「精神科医療や患者を冒涜」日本精神科病院協会がDSソフトに抗議文

ゲームのタイトルや内容の一部が精神科医療や患者を冒涜(ぼうとく)し、差
別・偏見を助長するとして、民間精神科病院の9割が加盟する日本精神科病院
協会が、ゲームソフト会社「インターチャネル」(東京都)に販売中止などを
求める抗議文を送ったことが分かった。

 協会側が問題視するのは今年6月に発売されたニンテンドーDS用ソフト
「DEMENTIUM−閉鎖病棟−」。協会によると「閉鎖病棟」は、精神科
病院に実在する病棟の名称で、ゲーム内にも「統合失調症」「抗精神病薬」と
いった精神疾患を連想させる名称が使用されていたという。元患者が指摘した
ことで同協会が調査に乗り出した。

 協会は「最後まで攻略はできなかったが、ゲーム内は外科のようだった。だ
が、精神科固有の名称が使われ、患者が襲ってくるようなイメージを抱かせる
内容は、動かなければならない」とし、ゲーム宣伝用ホームページの閉鎖と販
売中止などの対応を求める抗議文を22日に発送した。同社は「担当者が不在
でわからない」と話している。

 ゲームは、廃虚の病棟で主人公が武器を使ってゾンビ風の敵を倒すホラーア
ドベンチャー。販売対象は17歳以上となっている。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080925-00000563-san-soci
   banner_03.gif←心理学人気ブログランキング!! るるぶろもよろしく(クリック)!
posted by lulu at 23:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース(旧)

2008年09月18日

音楽療法が重病患者の健康状態を改善

音楽療法によって、緩和ケアを受ける患者の精神面および身体面の状態(コン
ティション)が劇的に改善されることが新しい研究で示された。今回の研究は、
疾患の進行した患者に対する音楽療法の効果を評価した初めての大規模研究だ
という。
 研究を行った米クリーブランド・クリニック(オハイオ州)ホービッツ
Horvitz緩和医療センターの音楽療法士Lisa M. Gallagher氏は、「音楽療法が
医療の幅広い場面で役立つことは以前からわかっていたが、今回の研究では重
篤な患者の気分(mood)の改善に有効であることが明確に示された」と述べて
いる。この知見は、先ごろナッシュビル(テネシー州)で開催された米国疼痛
管理学会(AAPM)で発表された。

 Gallagher氏らは、2000年から2002年の間に、数種類の癌(がん)、非癌性
腫瘍、疼痛性障害、鎌状赤血球貧血、大動脈瘤、ガードナー症候群、エイズ、
神経変性症などのいわゆる致死性疾患の患者を対象に研究を実施した。患者は
24〜87歳で、平均年齢は60歳を少し上回った。約60%が女性で、30%が何らか
の音楽的背景をもっていた。音楽療法では、まず患者に聞きたい音楽の種類を
選んでもらい、Gallagher氏(または同氏の指導を受けた研修生)がその要望
に合った曲をキーボードで演奏。治療は平均25分間で、3分の1のケースでは
患者の家族も参加した。

 音楽療法の前後に身体検査および心理学的検査を実施した結果、患者の不安、
疼痛および息切れの改善が認められたほか、患者の80%で気分が改善されたと
報告。動作、表情および言語能力にも有意な改善がみられた。過去の音楽的背
景による影響はなく、男女差も認められなかった。また、家族への利益も認め
られ、不安の改善はみられなかったものの、気分の面で改善がみられたという。


http://health.nikkei.co.jp/hsn/hl.cfm?i=20080918hk000hk
   banner_03.gif←心理学人気ブログランキング!! るるぶろもよろしく(クリック)!
posted by lulu at 16:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース(旧)

2008年09月13日

<統合失調症>脳に未成熟な領域 マウスで確認 治療法期待

統合失調症に似た異常行動を示すマウスの脳の中に未成熟な領域があることを、
宮川剛・藤田保健衛生大教授(神経科学)らが発見した。死亡したヒトの脳の
研究でも同様の傾向がみられ、統合失調症の客観的な診断や治療法開発につな
がると期待される。11日、英国のオンライン科学誌「モレキュラー・ブレイ
ン」に発表する。

 宮川教授らはさまざまな遺伝子を欠損させたマウスの行動を網羅的に調べ、
CaMK2αと呼ばれる酵素を欠いたマウスが「気分の波」など統合失調症に
似た異常行動を起こすことを見つけた。

 この酵素を欠くマウスは、記憶をつかさどる海馬の「歯状回」という領域の
神経細胞が未成熟で、ほとんど機能していない。死亡したヒトの脳を調べた米
国のデータベースによれば、統合失調症の患者は、歯状回の成熟した神経細胞
を示す分子が少ない傾向にある。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080911-00000009-mai-soci
   banner_03.gif←心理学人気ブログランキング!! るるぶろもよろしく(クリック)!
posted by lulu at 01:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース(旧)

2008年09月08日

社会的入院患者について考える

 先日、青森市で「30年入院している人々」と題した講演会が行われた。こ
れは、全国で7万人いるといわれている精神科病棟の入院患者の置かれている
状況について、また精神を患っているひとが社会の中で置かれている状況につ
いて考えようというものだ。

 この講演を催したのは、精神の病気を持つ当事者の団体「NPO法人青森ヒュー
マンライトリカバリー」。講演会には、精神病を患っている当事者やその家族、
また病気について知りたいと考えている一般の人およそ15人が参加した。

 今回の講演でわかったのは、国内の病床総数およそ177万床のうち35万
床が精神科病床であること。つまり5分の1が精神科病床であるという現実。
それは世界の中でも極端に多いということ。なぜ日本だけが精神科病床が多い
のかというと、それは1980年代に精神科病床を建設すると助成金が受けら
れるなど病院側にうま味がある政策があったことが原因とのことだ。そのおか
げで無理矢理、精神病院に入院させられた人も多かったという。

 全国では精神科に何十年も入院している人が少なくない。たとえば30年以
上入院している人もいる。20歳で入院させられ、30年経てば50歳だ。閉
鎖された空間に30年監禁状態にあったとすれば、いくら退院してもいいと言
われても、社会復帰ができるだろうか。はっきり言ってそれは無理だ。仕事だっ
てできないし、雇ってくれるところもない。30年も精神科病棟にいたら、社
会の中に出て行く気力も失せているだろう。何よりも、社会の偏見が怖い。

http://www.news.janjan.jp/area/0809/0809046301/1.php
   banner_03.gif←心理学人気ブログランキング!! るるぶろもよろしく(クリック)!
posted by lulu at 10:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース(旧)

2008年09月03日

「私は監視されている」:監視社会が生む新しい精神疾患

誰かが自分を見ている気がする、と感じるなら、その人はおそらく正しい。し
かしだからといって、その人の精神に問題がないとは限らない。

一部の精神科医によると、監視やリアリティー番組が普及した現代社会は、新
しい種類の精神疾患を生み出しているという。彼らはそれを『トゥルーマン
・ショー妄想』と呼ぶ。

[名付け親は米国の精神科医Joel Gold氏など。『トゥルーマン・ショー』は
1998年の米国映画。生まれてからの全人生をカメラで撮影され、リアリティー
番組として流されていた男が、真実に気付き始めるという物語]

米国とイギリスの精神科医らによると、自分の行動を逐一カメラに見られてい
ると妄想する精神障害者の数は増えつつあるという。

そのほか、インターネットが自分の生活を監視している、あるいは自分の写真
や個人情報の転送に利用されているという恐怖を抱く人もいる。[ネット恐怖
症については過去記事で紹介している(日本語版記事)]

精神科医によると、こうした患者[の妄想]は多くの場合、実際に自らの周囲で
起こっている物事を反映しているが、そのレベルが極端なのだという
http://wiredvision.jp/news/200809/2008090221.html
   banner_03.gif←心理学人気ブログランキング!! るるぶろもよろしく(クリック)!
posted by lulu at 13:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース(旧)