2007年01月12日

小学校にカウンセラー配置

愛知県教育委員会は、深刻化するいじめ問題への対応策として初めて小学校に「スクールカウンセラー」を配置することを決め、2007年度は70人規模でスタートさせる方針を固めた。

 子どもの悩み相談にあたるスクールカウンセラーについて、県教委は01年度から中学校で順次配置し、いじめ問題の早期発見、対応の一環として拡充してきた。

 神田真秋知事が昨年12月の県議会で「小学校のいじめの発生件数も増えており、新たに小学校への配置を考える必要がある」と答弁。県教委は新年度予算編成に向け、前向きに検討してきた。

 県教委は「カウンセラーを配置し、相談態勢を充実させることで、不登校児童の学校復帰やいじめ問題の解決を図りたい」と期待している。

 県教委は、07年度には中学校のスクールカウンセラーも1人増やし303人とする予定で、県内304校(名古屋市を除く)のほぼ全校に配置されることになる。

http://www.chunichi.co.jp/00/sya/20070112/mng_____sya_____002.shtml
   banner_03.gif←心理学人気ブログランキング!! るるぶろもよろしく(クリック)!
posted by lulu at 21:39 | Comment(1) | TrackBack(0) | ニュース(旧)

この記事へのコメント
この件は先月くらいに話を聞いていたけれど
どうも実現の方向みたいですね。

2〜3月は「いじめ」関係の補正予算がついて
SCはかなり日数が増えているし
充実するのは悪いことではないかな。

さらに「いじめ」問題で24時間体制での相談窓口
を作るために夜担当できる人も募集しているみたい。

そんなに臨床心理士いないだろー・・・と思うのだが
Posted by lulu at 2007年01月12日 21:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3045113
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。